人事システムを構築

私はソフトウェア開発企業の人事部に在籍していたときに、人事システムを外部の業者に発注したことがあります。ソフトウェア開発企業の開発者の人件費の場合、売上原価として計上する部分と、無形ソフトウェア資産として計上する部分と、販売管理費として計上する部分に分かれます。 月次決算の作業をするときに、開発部門において人件費の振り分け作業が毎月遅れるため、できるだけ自動化できるようにと考えシステム開発を行ったのです。 ひとりひとりの開発者が、それぞれどの程度の割合で1ヶ月の時間を費やしたかをシステムに入力すると、簡単に経理のシステムと連動して、売上原価と無形ソフトウェア資産、販売管理費の金額が固まるようにシステム設計したのですが、結果的には運用に失敗しました。 理由は、残業代の計算や、有給休暇の参入をシステム設計に入れていなかったためです。この結果、開発部門の人件費の計算は、手計算に戻したのでした。