アーカイブシステムの開発

自社の歴史、商品、経営にまつわるアーカイブズを作成していくに当たって、何よりも難しいのは社内に向けて開示可能なところ、そして社外に対しても開示可能な情報の切り分けになってきます。膨大な情報量がある中、これはいかに優れたエンジニアがいたとしてもアナログで切り分ける他なく、とにかくシステム構築には時間がかかるところになります。もちろん、その切り分け基準も明確にする必要があり、ブレが出てはならないので人材も限られます。