証券会社の取引システム開発

システムエンジニアをしているときに、証券会社の取引システム開発プロジェクトに参加したことがあります。私を含めて50名規模のSEが参加したのですが、このプロジェクトのリーダーをはじめ、プログラムを書く人間やテストを担当する人間の多くが株式投資をしたことがなく、株式投資に関する知識を持つ人間が少なかったことからプログラム上のバグが続出し、ついに納期に間に合いませんでした。この経験から学んだことは、システム開発をするにあたっては、プログラマーやSEも十分な業務知識を得ていないと、良質なシステムを開発できないのだということでした。