最初から低く見積もってしまってはもったいない

プログラマー経験後、ソフトウエアやシステム構築を依頼する側になりました。 フリーでやっていた頃に「そんな仕様をこの予算と期間で組めるはずはない」という案件にしばしば出会うことがあったため、もしも発注する側に立ったら、それらをきちんと評価したいと考えていました。 実際にその立場になり、フリーの方に開発をお願いしたところ、こちらが暗に持っている予算を下回る価格を提示され、「本当にそれで良いの?」と不安になりました。 (システム開発を経験していない営業担当と同行したため、「安くすんでよかった」で終わってしまいましたが・・・。) まず仕事を取ることに注力しがちですが、やはりそれではいつまでたっても正当な対価を得られないと感じます。 必要最低限ではなく、余裕をもった費用提示をする意識がもっと浸透していかないといつまでたっても開発側のフィーや環境は良くならなさそうです。 もしもまた開発側に立ったら、きちんと説明の上金額と機嫌を堂々と提示したいと考えています。