工場の自動発注システム

資材部門が在庫管理をいかに時間をかけず、さらに必要数量の発注を自動化できるかは人件費の問題、そして在庫の金額を減らす意味で身非常に大きな課題になります。発注システムの自動化はいかようにデモでくるのですが、問題は在庫、そして見込みを含めての自動発注システムです。昨今ではAIを活用してより精度が高い自動発注システム、予測も含んだ形で開発が可能ですが、自社にあった予測が可能かどうかきちんと検証した上での導入が必要です。