サーバー構築の経験で仕組みを考えるくせが身についた

私はシステムエンジニアをやっていて、基盤と言われるサーバーを構築する仕事をしていました。サーバーのOSはWindowsやSolarisを使っていました。サーバー構築はシステム開発における土台となります。アプリケーションを動かすために、サーバーに様々なソフトをインストールします。 今までにした仕事は、企業で言えば、製薬業、製造業、流通業、建築業と幅広いです。様々な企業の中で、主となる業務のアプリケーションを動かす土台を作っていました。 仕事をする場所は、お客さまの建屋内もあれば、工場、データーセンターなど様々です。 サーバー構築の仕事をした感想は、基本を考える力がついたということです。基本を考えるとは、仕組みを考えるということです。仕組みを考えることは普段の生活にも活かせると思います。 今後は仕組みについての考えを、普段の生活にも応用したいと思います。