システム開発の仕事について思うこと

コンピューターのシステム開発をするにあたって心がけているのは、クライアントの希望にしっかりアジャストできるような開発をしていくことです。発注された仕事を請け負う形で開発をしていく以上、それは当然の義務なのかもしれません。しかし、システム開発は手順通りに行えばそれですんなりと完成するというものではなく、トラブルはつきものです。もしも「このぐらいで大丈夫だろう」とシステム開発を怠って納品してしまったら、後からどんなトラブルが発生するかわかりません。そうなれば、システム運用の担当者が泣きを見るのはあきらかですし、それでは仕事の責任を果たしているとは言えないです。