エンジニアの「35歳定年説」は本当か?

今でこそそれほど騒がれなくなりましたが、昔はエンジニアの「35歳定年説」が普通にはびこっていたものです。 この説は果たして本当なのでしょうか? 勿論30代半ばを過ぎた頃から頭の回転が鈍くなってきたと感じるエンジニアも多く居ます。 では、そうなってしまったエンジニアはもう必要とされなくなってしまうのか? 「そんなことはありませんよ。」と私は言いたくなります。 開発環境や開発言語が便利になればなるほどシステムの奥深くを覗く機会が減少していきます。 (昔は機械語レベルでのデバッグなども頻繁に行なわれていたのです。) こうなってくると若手のエンジニアでは解決が難しいシチュエーションが増えてきて、古いエンジニアの方がすんなりと問題を解決することができるのです。 そうした技術を若い世代へ引き継いでいく役割も重要であると私は考えます。 35歳を過ぎてもまだまだやらなければならないことは沢山あるはずです。