工場の在庫管理システム開発

製造業の工場で在庫管理を部材レベルから完成品に至るまで一環で行うシステム開発を請け負うにあたって重要な事は単に在庫品の数量管理を止めとかするだけではなく、受給予測をどれだけ正確に行うことができるかにあります。 過去5年から10年の発注データ、さらには担当者の受給予測などを加味していかに未来の在庫を減らすことができるが、最低限の在庫でリレーションできるかを検討していくことがシステム開発にとって最も大きなポイントになり、他社との差別化になってきます。