時計のバンドなだけにチェーンで管理は安直なのか

計量器のメーカーで倉庫にある部品の在庫や入出庫を自動で管理するシステムを開発していたときのことですが、金やプラチナで作成した時計のバンドや宝飾品を製造している会社向けに開発した時の話しでした。 リーダーと二人で現地に赴いて打ち合わせを行ったのですが、会社側の希望として、製造過程で出てきた金やプラチナのクズも再利用したいので、再利用出来るようにして欲しいと言われました。 しかしどのようにプログラムすればいいのか分からずリーダーに相談すると、「任せる」の一言で突き放されてしまい、途方にくれたことがありました。 そこで金やプラチナに固有番号を振ってファイルで管理する方法しか思い付かなかったため、元になる金やプラチナにクズの固有番号とクズが発生した日時秒とグラム数を登録し、一方クズのファイルには固有番号をキーにしてクズの情報を登録し、そのクズから製造する過程で新しいクズが発生すると同じようにクズの固有番号をつけて登録するというようにプログラムを作成しました。 そして再利用するときに画面に表示して選んでいきたいという要望だったので、一度にまとめて読み込むと時間がかかってしまうため、固有番号だけを20件分読み込んでその固有番号をキーにして表示するようにしました。 とりあえずこのような方法でプログラムを作成して納品することが出来ましたが、今でももっと良い方法があったのではないかと思うことがあります。