ソフトウェアを導入に関しての基本設計と明細設計に関して。

企業側として、新たなソフトウェアを導入しうようと決断を下したと時に、依頼側としては、過去に発注をした事のある、言わば繫がりのあるところに頼もうと思うものです。 しかし、このご時世、担当チームの責任者が変わっていたり、全く知らないメンバーになっていると言う場合は多くありえます。そうなるとまずは顔会わせ的なコミュケーション段階のヒアリングから始まるわけになります。 その後も一通りのヒアリングは勿論行われますが、設計書の作成までに日数を要する事は承知ですが、 基本設計が先に出来上がっても、明細設計は遅れがちな点も多く見られたことがあるのです。一度の基本設計や明細設計で形になる場合はほぼ無いので、諸段階で明細設計を同時に提出してもらう事が依頼側としたら求めたいところです。